子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

赤ちゃんと触れ合うベビーシッター

ひと口でベビーシッターになりたいと言っても、仕事はどんな内容でどんな部分が注意点なのか、また、資格は必要なのかどうかを調べる必要があります。近年、ベビーシッターになって実際に働く方は増えてきましたが、ベビーシッターの求人はどの様に行っているかも知る事が大切です。子供を預かる仕事には責任感が必要ですし、保護者からの信頼も得なければいけません。まずは、ベビーシッターの仕事をする際に関係する事を学んでいき、子供好きだと言うだけでやり切れる仕事かどうか考えてみましょう。

赤ちゃんと触れ合うベビーシッター

保護者も援助するお仕事

ベビーシッターの仕事には、子供のお世話以外に保護者のサポートをする事もあります。お世話をする子供を中心とした考えで、その子供のお世話にまつわる仕事も入ってきます。例えば、保護者が出産や病気の為にベビーシッターを頼んだのであれば、その子供のお世話は当然ですが、その子供の為に、動けない保護者の代わりもしなくてはいけません。子供の送り迎えや家事のサポートなどです。一見大変そうですが、そのサポート仕事で更に保護者や子供との信頼関係が築けていくなど、やりがいにも繋がるのです。

認定ベビーシッターという資格

ベビーシッターは、実は資格が無くても出来る仕事ではあります。しかし、依頼主となる子供の保護者としては、子供のお世話について勉強してきたベビーシッターの方がより安心ですし、信頼感も増します。資格の内容は、公益社団法人全国保育サービス協会がよりプロ意識を持ったベビーシッターを育てる為に作った民間資格となり、通学や通信教育、独学などで試験に挑むことになります。ベビーシッターの資格は、子育てがひと段落した主婦にも経験が活かせると言って人気を呼んでいます。

求人探しの方法

資格を取得して、いざベビーシッターの仕事に就こうとしても、何処でベビーシッターの仕事を募集しているか分からないと行けません。ベビーシッターの仕事探しは、ベビーシッター派遣会社のサイト上に掲載していたり、依頼主とベビーシッターを結ぶマッチングサイトなどがあります。一般募集では探すのが困難なベビーシッターの仕事ですが、きちんと求人がありますので探して行きましょう。また、資格取得の際に勉強した講座や学校で求人先を紹介する事もありますので、相談する事も大切です。

勤務先は自宅か保育施設

仕事先は個人の自宅か保育機関になるのが、ベビーシッターの仕事です。個人宅で子供のお世話をする時は、もちろん1人で仕事をします。仕事内容も、子供のお世話から保護者のサポートまでと多岐になる事もあります。一方、保育所などの保育機関で働くベビーシッターは、数人のスタッフと共に、多くの子供達のお世話をします。他スタッフと協力して仕事が出来るという面はメリットですが、保育所などの勤務になりますと個人宅で行うベビーシッターとは違い、勤務時間も給与も固定された中で働く事になります。