子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

保護者も援助するお仕事

保育のプロとして重要な仕事

ベビーシッターとは子供のお世話が主な仕事ですが、お世話する子供の環境によって幅のある仕事も求められます。では、ベビーシッターの仕事とはどんな内容なのか紹介します。
知っている方も多いと思いますが、ベビーシッターは国家資格を必要とする仕事ではありません。しかし、ベビーシッターが果たす役割は社会的に重要でもあります。何故なら、将来がある子供達の人格形成に影響がありますし、その子供達の教育と育成の援助をする仕事だからです。ベビーシッターの仕事はもちろん、子供のお世話全般とその成長をサポートする事が主です。その中には、各家庭の教育方針があったり要望もあります。ですので、ベビーシッターが行う仕事は単純に子供の面倒をみる事だけではなく、家庭教師的な役割を持つ事もあります。子供の知育についての知識はもちろんの事、語学や音楽、美術などの方面でも知識を求められる場面もあります。これらは、仕事をする前に保護者の方との話し合いで決めます。

保護者も援助するお仕事

子供のお世話以外も活躍

子供の成長をサポートするだけがベビーシッターの仕事ではありません。お世話をする子供の保護者を援助する事も仕事になります。例えば、出産や産後、または病気で子育てが大変な母親の家事全般をサポートする事もあります。その他、病児保育や障害児保育といった、病気がちな子供や障害を持つ子供達のサポートをする事もありますので、病気や障害に関する専門的な知識が必要となるでしょう。また、病院への付き添いや、その子供を持つ保護者の方の支援も行います。
この様に、ただ単に子供と一緒に時間を過ごす子供好きなベビーシッターだけではなく、その子供の知育から安全面、生活全般において指導や付き添いをして、その保護者の方と共に子育てを連携していく、とても重要な仕事と言えます。

保護者も援助するお仕事

人格形成に携わる仕事

子供が将来、どんな大人になるかは幼少期に関わる大人たちで決まります。何故かというと、人格形成は幼少期にあるからです。この時期にどんな大人と関わるかでその子供の人格が決まってくるのです。様々な事をまるでスポンジのように吸収する子供達ですから、その大切な時期に関わるベビーシッターは非常に重大な役割を果たす事になります。また、保護者の援助をする事で、保護者が子供に良い影響を与えられるサポートにもなります。ベビーシッターの仕事は、現代社会においてはなくてはならない仕事になってきてると言っても過言ではないでしょう。