子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

勤務先は自宅か保育施設

勤務先は自宅か保育施設
勤務先は自宅か保育施設

子供の自宅で勤務

何処に働き口があるのですか?とベビーシッターの働く先をよく聞かれます。それは、保育施設で働くか、個人の自宅で子供のお世話をするかです。働く先によっては勤務時間や収入に違いが出てきますので、ここではその違いやベビーシッターの注意点などを説明します。
ベビーシッターと聞くと、依頼主の自宅に行って子供の世話をするイメージが強いと思います。大抵は保護者が仕事などで留守の間、その自宅で子供の世話をするのが仕事になります。この場合は、収入を確保する為にも1人で複数のベビーシッター先を確保するのが普通です。もちろん、一家庭のみと契約している場合も多くありますが、その場合はお世話する時間帯がある程度決まっていてパート的な働きになる事が多いです。
この働き方のメリットは、その家庭としっかり信頼関係を持つ事が出来ると融通も利きますし、 とても仕事がしやすいという点があります。また、家族単位でお付き合いが深くなれば、一緒に家族旅行や行楽に出かけるベビーシッターもいるようです。

勤務先は自宅か保育施設

託児所、保育所での勤務

もうひとつは、託児所や保育所でベビーシッターとして働く方法です。こちらは、保護者が仕事に出る前に託児所や保育所に子供を預けに来て、帰宅するまで子供のお世話を行う仕事になります。この場合はもちろん職場は一箇所であることが普通です。固定された託児所や保育所でベビーシッターを行うメリットは、まず収入が安定するということがあります。就業時間と時給は決められた中で働きますので、状況によって収入が上下するということがありません。また、複数のスタッフで保育業務に就きますので、 仕事をフォローし合いながら子供のお世話が出来るのもメリットと言えるでしょう。

勤務先は自宅か保育施設

働く際の注意点

ベビーシッターの注意点は、実は子供の保育以外の部分にあるのです。まずひとつ目が、保護者の指示や約束をきちんと守ることです。保護者から○○はして下さい、××はしないで欲しいといった指示やお願いは厳格に守らなければいけません。あくまでもベビーシッターは被雇用者であり、ベビーシッター契約は商取引契約となります。ですので、雇用主である保護者は、指示や要望を伝えてベビーシッターに守らせる権利があります。
また、留守の間自宅と子供を任せる訳ですから、お互いの信頼関係がとても大事になります。このベビーシッターは私の言うことを軽く見ているようだと思われてしまっては、信頼感を大きく損なうことは間違いなく、クレームや事故の元にもなりかねません。仮に、依頼者の指示に不服がある場合は、しっかりその場で意見を伝える事も大切な事です。子供好きでベビーシッターになったのに、クレームが多い仕事になってしまうのは残念な事です。依頼主や保護者、子供とのコミュニケーションはしっかり取りたいものです。