子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

適性のある性格とは

適性のある性格とは
適性のある性格とは

責任感がある

本当に幼稚園の先生は出来るかな?と不安に思う方もいるでしょう。大半の方は子供好きと思いますが、他にもいろいろと適した性格があるようです。その幼稚園教諭の適性をいくつか紹介します。
大切な子供を預かる幼稚園ですので、子供の教育やお世話に責任をしっかり持っていかなければなりません。幼少期の子供は何でも吸収が早く、その大切な時期を一緒に過ごすのですから、いい加減な教育や教えをする事は出来ません。また、自分をしっかり持って共感する事も大切です。子供に楽しいねと言われたら、そうだねと笑顔で共感出来る人もまた教諭として大切です。そこは子供好きな幼稚園教諭であれば難なく持てる適性ではないでしょうか。

適性のある性格とは

気持ちの切り替えが早い

職員間での揉め事や、保護者からのクレームがあったからと言って、暗い顔をして子供と接するのはいけません。子供は大人の顔色にとても敏感です。その為、教諭が悩み事で暗い顔のまま子供に接すると、たった一度の事でも、先生は自分の事が嫌いなんだと感じてしまう子供が多いのです。そうならない為には、気持ちの切り替えがとても必要になります。公私共に嫌な事や辛い事があっても、まぁ、いいかと流す事を意識しましょう。
また、子供の悪さに対しても、きちんと叱った後は笑顔で接しなければいけません。子供は遊びに夢中になると、何度も同じ間違いを起こしやすいものなのです。繰り返される悪態も毎度怒っていては子供が委縮してしまいます。その辺も上手く気持ちを切り替えて子供と接する事が幼稚園教諭の適性とされる部分です。

適性のある性格とは

几帳面さを持っている

幼稚園では、細かい作業をすることも多々あります。子供達を指導する為の指導書や、毎日の子供達の様子を記入していく保育日誌などは毎日作成することになります。子供の様子や変化を細かく観察して書く事が求められますので、几帳面さとまめさが求められます。とにかく持続力があり、ひとつひとつの物事に真剣に取り組む事が出来る人は幼稚園の先生に向いていると言えるでしょう。
その他、やる気が重要視される職業ですので、どんなにつらい時でも乗り越えていく強い意志も必要です。自分に元々自信が持てなくて、持続力がないという場合でも、後天的に身に付ける事はもちろん可能です。本当に幼稚園教諭を目指したいと考えている方なら、少しずつ自信や持続力などを身に付けていければ良いと思います。先輩教諭に、足りない部分を指摘されることもあります。しかし、めげる事なく進んで行ければ、その先にやりがいのある幼稚園教諭の仕事がどんどん増えますので、負けずに頑張りましょう。