子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

転職したい時には

幼稚園教諭の転職理由

転職は焦ってしまってはいけません。嫌な部分ばかりに目がいってしまい、いきなり転職をしてしまうのは得策ではありません。現在、在職している幼稚園にいながら、計画的に転職を考えましょう。
転職理由で多いのは、幼稚園での人間関係、給与への不満、休暇が取れないまたは残業が多い、結婚や出産、引越しなどのライフスタイルの変化や幼稚園の教育方針に納得できないなどが上がります。先輩からのいじめ、同僚の先生との不仲など、続けて働く事で鬱になりそうになったり、子供達に良い影響を与えないと考える人もいます。給与の不満や休み、残業については、一般職同様、頑張っても評価に繋がらなかったり、行事がなくても毎日帰りが遅いでは、心身ともに疲れてしまいます。
また、ライフスタイルの変化で転職を余儀なくする時もありますし、幼稚園の教育方針が自分と合わないのも致命的ですね。幼稚園で働く幼稚園教諭は女性が多い職場ですので、女性ならではの悩みが一番になってくるようです。せっかく子供好きな幼稚園教諭が多いのですから、転職してまた笑顔で子供達と接して行きたいものですね。

転職したい時には

自分の要望を明確にする

まずは自分で転職したいと思った理由を考えてみましょう。理由が明確になれば、その理由を解消する保育機関を転職先として探しやすくなります。例えば、給与が今の勤務時間や仕事量と見合っていないと感じているのであれば、給与は変わらなくても勤務時間が長くならなければ良いのか、時間は多少長くなっても給与が多い方が良いのかと具体的な自分の要望が見えてきます。単純に今の職場では納得いかないと転職を急いでしまいますと、転職した先にも不満が出てしまう結果にもなりかねません。そうなれば、ようやく取った幼稚園教諭の道すら諦めがちになります。ですので、この部分は譲れるけど、この部分は妥協したくないと、自分の考えをきちんとまとめて転職先を探すのも大切になります。

転職したい時には

便利な転職サイトを活用

では、自分の転職理由も要望もまとまった時点で転職探しをしてみましょう。しかし、転職先の求人を何処で探したら良いかも問題となります。一般の求人雑誌や職業安定所で探すなら、時間もかかりますし、転職探しに足を運ばなければなりません。その点インターネットの転職サイトは、時間がない中でも良い転職先を探す事が可能です。何故なら、幼稚園教諭の転職サイトには専任のコンサルタントがいて、自分の希望にあった転職先を探してくれるからです。また、転職先探しから無事転職に至るまで、完全にサポートしてくれますので転職に失敗する事が少なくなります。
様々な転職サイトがありますが、中でも、保育withのように転職後もアフターフォローしてくれる転職サイトは良いと思います。転職サイトの決め手は、求人数の多さと専任コンサルタントの質の良さにあります。

面接でのアピールポイントやどのような事を確認すればいいのか一緒に対策を練ります。

引用:保育with

※残念ながら、保育withはサービスを終了してしまったようです。