子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

成長を感じるのがやりがい

幼稚園での仕事

幼稚園教諭の免許状を取得しましたら、働き口は幼稚園になる方が多いです。また、最近では幼児教育の教室で働く方も増えてきました。ここでは、幼稚園教諭の仕事ややりがいを感じる部分を紹介します。
幼稚園教諭は、満3歳を迎える子供が小学校に入学まで教育をするのが仕事となります。保育園は厚生労働省管轄であり、乳幼児から小学校入学までの子供を預かる福祉施設ですが、幼稚園は文部科学省管轄で、小学校や中学校などと同じ学校の扱いで、保育園よりも教育に力を入れています。幼稚園で子供と一緒に行う事はそれぞれ教育的な目的を持ちます。幼稚園教育要領に基づいて、健康や人間関係、環境、言葉、表現、それぞれについて、運動や音楽、遊びなどを通じて子供たちを育んで行きます。子供が楽しみながら学べるように、工夫を凝らしながら教育を行って行くのが幼稚園教諭の役割です。

成長を感じるのがやりがい

子供の成長がやりがいに繋がる

幼稚園教諭として、毎日子供達と携わる日々は充実感を持てます。行事以外では毎日が大体同じ流れの仕事で、子供達と関わる他にも事務的な作業に追われます。それでも一日一日が新鮮だと感じる事が出来る仕事です。何故なら、子供の成長を日々感じる事が一番の理由だと思います。子供好きの教諭であればなおさら日々感動があります。昨日まで出来なかったことが出来るようになったり、お友達と関わる事が上手じゃない子が今日はみんなで楽しそうに遊んでいるなど、毎日いろいろと発見や感動があります。
また、保護者の方からの感謝の一言で、もっと頑張ろうという気持ちが沸いてきます。子供の成長を一番感じているのは保護者です。幼稚園に通ってからこんな事が出来るようになりました、先生の教えを家でもやっていますなどという声をもらう事も、幼稚園教諭になって本当に良かったと思える部分であり、全てはやりがいに繋がるのです。

成長を感じるのがやりがい

行事が成功した時

幼稚園はいろいろな行事も行います。行事を行うまでの準備は本当に大変で、行事の何ヶ月も前から夜遅くまでの仕事になったり、当たり前のように仕事を持ち帰ったりもしてしまいます。また、運動会やお遊戯会など、子供達と一緒に仕上げていく行事になると大変さは更に増加します。しかし、そんな苦労や困難を忘れてしまうのは、行事が成功して保護者や子供が喜ぶ時です。何とも言えない達成感とやりがいがあります。時にはハプニングもありますが、子供と共に成長できる幼稚園教諭は、喜びや感動が多いやりがいのある職業のひとつだと言えます。