子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

活躍するには資格が必要

活躍するには資格が必要
活躍するには資格が必要

小児看護専門看護師の役割

一定の条件を満たした方だけが、小児看護専門看護師の資格が取れる立場になります。資格取得のためには試験を受ける必要があります。小児看護専門看護師は小児看護の専門看護になりますので、確かなスキルと知識が必要です。ここではその資格の特徴や取得方法を説明します。
小児看護専門看護師は、免疫や耐性が未成熟な子供たちが病気や怪我の際に、健やかに成長し発達できるように看護面から支援します。また、他の医療スタッフと連携して質の高い看護を提供する事が役割となります。
また、子供の看護だけではなく、付き添う両親や家族の不安を和らげる為に、適切な説明や指導を行う事も役割のひとつです。他にも、現在対応している病気や怪我だけでなく、発育に応じてかかりやすい病気の対処方法や、定期診断のお知らせなど、子供の看護と共に両親や家族に教育的役割も担います。

活躍するには資格が必要

高い専門知識や技術を求められる

小児看護専門看護師には、子供がかかりやすい病気の知識や処置の方法などの他、年齢に応じた病気の予防策となる予防接種の実施や、医薬品に関する知識など幅広い分野の知識が求められます。病気によっては他の病気を併発したり、後遺症を残す場合もありますので、関連する分野の医療スタッフと協働する事はもちろん、子供の発言や行動から発せられる小さな変化も発見できるよう、細かな配慮も必要となります。
また、病院や治療を嫌がる子供がほとんどですので、なだめたり注意をひいてあやしたりと、子供好きなら得意な部分として子供を大人しくさせる能力も求められます。

活躍するには資格が必要

資格取得の方法

小児看護専門看護師になる為には、日本の看護師免許を持っていて、免許取得後に実務経験が5年以上ある事が最低条件です。そのうち3年以上は、小児期の子供患者に対する小児看護の実務経験があることが更に必要です。その小児看護分野の実務研修の実績報告書として、直接的な看護の実践を2例と、看護職を含むケア提供者に対するコンサルテーションを1例、ケアを行う保健医療福祉関係者間のコーディネーションを1例、看護師などに対する教育を実施した教育活動を1例、と以上の報告書を提出する必要があります。その上で看護系大学大学院修士課程や関連領域の大学院修士課程において、定められた科目の単位を取得し、教育課程で取り組んだ論文などの研究報告が必要となります。
以上の必要要件を満たして、小児看護専門看護師認定審査を受け、書類審査と筆記試験に合格すれば小児看護専門看護師となれます。