子供好きな方は必見!子供好きな方にピッタリな仕事探し

サイトについて子供好きが高じてキャリアカウンセラーを自営する管理人が、子供好きな方に子供のお世話をするお仕事の情報などを紹介しています。お問い合わせはkodomozuki_shigoto
@yahoo.co.jpまで。

小児科の看護師の役割

小児科の役割

子供好きが高じて看護師を目指す方なら、小児看護を選択する方も多いと思います。小さな体で病気や怪我と戦う子供たちの看護は確かに大変です。しかし、同時にやりがいもある仕事です。ここでは、小児看護専門看護師の仕事や役割を説明していきます。
小児科とはその名の通り、小児=子供を専門に扱う科です。成人対象の科の場合は、大きく内科と外科に分かれていて、さらに臓器や部位によって細かく科が分かれています。しかし、小児科の場合は、基本的には内科系疾患も外科系疾患も小児科で診ることがほとんどです。診察する対象年齢は、新生児から中学生、子供の時からの疾患ですと高校生までと幅広く、それぞれの年齢や発達段階によって、バイタルサインの正常範囲、薬剤の投与量、起こりやすい健康上の問題などが全く異なってきます。そのため小児科は、小児専門という狭い枠の中で治療が行われているかに見えますが、子供がかかる、あらゆる疾患の知識と、すべての発達段階に対応した知識が必要になります。その為、小児看護専門看護師は決して狭い領域ではなく、膨大な幅広い知識量が求められる看護師と言えるのです。
また、小児科の特徴として、家族の協力がなにより必要となるのです。一般病棟の場合は24時間看護ですので、付き添いや面会時間も限られていますが、小児科では子供の身の回りの世話や、精神的なサポートの問題になる為、家族の付き添い入院が必要になります。家族が患者である子供の身の回りの世話をする事や側にいる事で、子供に安心感を与え治療をスムーズに行う事が出来るのです。

小児科の看護師の役割

仕事内容

小児看護専門看護師の仕事内容は、医師の診察の補助やバイタルサインチェック、点滴や採血、服薬の管理や食事介助、排泄介助と清潔ケアなどが主な仕事です。この様に書いてみると、一般的な大人の診療科と大差がないと感じると思います。しかし、小児科は患者が子供の為、一般的な診療科にはない苦労がたくさんあるのです。
例えば、点滴をする時のことを想像してみて下さい。小さな子供はもちろん、大人に比べて血管が細いですし、血管が見つけにくいので点滴ラインを確保するだけでも大変です。それに加えて、痛みのある点滴や注射は大嫌いですので、泣いて暴れたりしてしまいます。子供好きな看護師でも切なくなる時もありますが、うまくなだめながら出来るだけ痛みが少ない方法で処置をします。点滴を入れた後も大変です。大人であれば点滴が終わるまで大人しく出来ても、子供の場合は自分で抜いてしまうケースが多々ありますので固定する事がほとんどです。その際に、固定テープに絵を描いて子供と抜かないように約束したりしながら、自己抜去を防止する工夫も必要となります。
このように小児科の場合、たった1つの仕事でも、大人の看護とは違い、高いスキルや様々な配慮が必要で大変な事も多くなります。

小児科の看護師の役割

家族ケアも必要

小児看護専門看護師の大きな役割のひとつとして、家族看護もあります。子供が入院の際は精神的に追い込まれる親が多いので、家族の精神的なケアがとても大切になります。また、家族が付き添い入院をしなくてはいけなくなります。母親が仕事を持っていない、祖父母が近くに住んでいるなど、家族ぐるみで協力して行ければ何とか乗り切れますが、共稼ぎや協力者が近くに居ない方は大変です。仕事を終わらせた母親が仕事後に真っ直ぐ病院に来て、翌朝病院から仕事に出かけるという生活をする事も多いのです。そういう人は心身ともに疲れているのですが、子供の為にと頑張りすぎてしまう方もとても多いのです。その為、付き添い入院をされる方へ、少しでも休む事が出来るように配慮するのも小児看護専門看護師の大切な役割です。